ゆう&せとっちのクロストークレディオ!!
Blog | About Us | Message | Sitemap

ゆう&せとっちのクロストークレディオ!!日記

ネットラジオの作り方 企画編


ラジオの作り方 | 2013年10月28日 01:07

思いついたのでちょっとした連載をしてみようと思います。
いや、需要はどこまであるのかわかりませんが。題して、「ネットラジオの作り方」です。

クロストークレディオ!!もネットラジオの端くれでして、30回もやっていればそれなりにノウハウのようなものも溜まっていったりするんですねー。ということでちょっとネットラジオの作り方もといクロストークレディオ!!の作り方、ですね。これについて偉そうに語ってみようと思います。需要がある方はぜひお付き合いください。

新企画を思いついたら

僕の場合ですが、「おっ!」という企画を思いついたらそのままゆうさんに連絡します。もうちょっと温めてからの方がいいかなぁと思ったら適当にメモして、いい具合になるまで温めます。企画は勢いと鮮度が重要だな、と。ゆうさんの反応がイマイチだったら殆どの場合お蔵入りします。でも、頭のなかでゆうさんのいじられ方が想像できる時は強行したりします。
企画ってのは不思議なもので、頭の中で明確に想像できないとうまくできません。ゆうさんから企画をもらうこともありますが、話を聞いても想像できない時は想像ができるようになるまで説明してもらいます。これ、とある人の受け売りなんですけどかなり大切でクロストークレディオ!!はこれが原則になっています。

定例ミーティング

クロストークレディオ!!は毎週定例ミーティングをやっています。そこでも新規企画について話をすることがありますが、やっぱり勢いと鮮度には勝てないですね。無理やりひねり出そうとしても出てきません。大体後半は街角エロストークとなって終わります。ただ、何気ない会話の中から面白い企画が出てきたりもします。この偶然の産物にゆうさんは強くて、たまに「!」ということを思いつくので恐れ入ります。今企画してることでも、おーなるほどね、というのが幾つか出ています。でも定期的に企画について話すのは大事で、企画の新陳代謝リズムを作るという意味で僕らの中では大切な時間になっています。

放送までにやること

基本的に企画は言い出しっぺがホストになって進行します。今でいうとオトナラジオ相談室はゆうさん、相鉄線の歌は僕ですね。準備をする側は毎回のテーマの設定はもちろん、原稿の作成も放送までにやってきます。何を話さないといけないか、どんなふうに進行するかを決める重要な要素なので原稿作りは重要です。ホストじゃない側は気楽なものです。オトナラジオ相談室とかは正直かなり肩の力を抜いて臨んでいます。あと、アイドル座談会なんかになるとイラストを描いたりする準備も必要です。意外と準備には時間がかかるのでなかなか大変です。相鉄の歌で言うと、曲を作るのにだいたい3-4時間かかっています。出てくる時は出てきますが、出てこない時は出てこない...。難しいものです。

放送当日

放送直前にも打ち合わせはありますが、原稿まで決まっていたら基本的には打ち合わせをしません。これはお互い、一発目の反応を大事にしたいという気持ちがあるためです。一度聞いてしまったらやっぱり面白くないわけです。なのでできるだけひた隠しにします。相鉄線の歌は事前に練習が必要なので隠すわけには行きませんが、エロストークレディオのネタだったりなどは見えないようにうまーく隠して収録します。原稿読みもしません。だからトチるという話もありますが...。

次回は運営編についてお話しようかなーと思います。

Comment

Trackback

Trackback URL: http://blog.ct-radio.net/mt-tb.cgi/209

ホカノキジ
アーカイブ
月別リスト
カテゴリ
Facebook ページを「いいね!」して下さるとうれしいです。
高橋悠直伝!ポッドキャストの聴き方